toggle
2017-04-28

元気のもと

仕事、練習、体のトレーニングといった私の日常を支える、元気の出る食べ物はといえば・・・南インド料理♪♪

週に一度はどこかしら行ってるなー。
夫はエスニックダメなので、いつも独りです。

最近は、すっかりミールス。
ミールス初心者のころは、食べ終えた時「すっぱ辛い」という後味しかなく、美味しいのか不味いのかもわからないから、いつもナンとカレーのセットを頼んでいました。
でも徐々に味覚が南インド向きに鍛えられたのか、ある日ポンディバワン(武蔵新田)で、ミールスがサービスでふるまわれた時、美味しい!と初めて思ったのです。

IMG_8277
初めは一口づつ味見して、全部混ぜた時が一番美味。

サンバル、ラッサムって、なんて奥深い味なんだろう・・・
それからは、今までピンと来ていなかったお店でもミールスふたたび。

IMG_7945
エリックサウス(八重洲地下街)ではビリヤニ派でしたが、今はミールス。
行くたびに菜食カレーの種類が違うのが楽しみなので、選べるカレーはノンベジ(肉系)1種と菜食2種で頼みます。
手前のドーナツみたいな、揚げたてのワダはビールに合う味♡
ぎょっとするようなピンク色は、ビーツを使ったカレー。

IMG_9258
東京で一番有名なダバインディア(八重洲)のミールスは結構スパイシー。味がハッキリしていて、サンバルの酸味も強め。
ランチのラストオーダー近くに行ったら、日本米が切れてバスマティライスに変更になって、ラッキーでした!

地元大森にも、ケララの風というミールスの大人気店があり、こちらも慣れない頃は病院食かと思ったくらい(失礼!)。でもミールスに目覚めてからはこの、決して一つ一つが主張しない、優しい味わいの組み合わせの妙こそが魅力に。近所にあって嬉しいお店となりました。↓
keraranokaze

大切なのは、辛さではなく、スパイスとハーブと、食材の持つ力のふしぎな融合。食べ終わると身体中の細胞が喜んでいるのがわかる、南インド料理。私の活力の素となっていることは間違いありません。

家でも

家でも。

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA