toggle
2016-10-26

道具と上達

もうすぐ行くダイビングが楽しみ過ぎて、もう幾つ寝ると~♪  と、指折り数える毎日。道具としてのギターと、このブログの「箱」、も絡めて、「道具について」です。

まずスクーバダイビング。
器材に頼る面が大きいスポーツ、ということで技術面の上達が器材の良し悪しに左右されるといわれます。

私は14年前にライセンスを取り、沖縄で40本ほど潜った頃、なんとなく、もういいかな~、とスクーバへの情熱も失われていきました。ずっと、レンタル機材でやっていました。
ところが、どちらかといえば格闘技好き(太極拳をやっていた。プロレスとか好き)の夫が、2年前から通い始めたスポーツクラブで、水泳すらなじみがなかったのに、マスクとフィンをつけただけでダイビングに非常に前向きになっているのです。

私もいったん情熱が失せたとはいえ、海(もしくは水中にいること)が好きな事には変わりがなく、流れに任せて機材を揃えました。するとぐっとモチベーションが違ってきます。
ただ私はまだ機材の良し悪しまで見極められないアマチュアです。でもきっと、ダイビングに関しては最初から良い(使いやすい)機材を使うことが上達を助ける、というのはありなのかな、となんとなく感じます。

比べて、ギターは・・・。
より良いギターに買い替えて、技術が上がったと実感される方は多いですよね。
私も今年、アルカンヘルさんになってから、いつも家で弾いているのを聞いている夫には「演奏がガラリと変わった」と言われ、自分でも無駄な力がかなり抜けたと実感します。音楽のアイデアも楽器からもらっているし、私にとって毎日弾きたくなる惚れた音のギター。
ただしダイビングの機材と違い、自分で「良いギター」の違いがわかる(または直感で、「これは・・!」と思ったら信じてもいいかも)までは、高いギターは買わないほうがいい、というのは私はハッキリ思う事です。
ネームバリューでなく、本当に自分の耳で、五感で、「良い」と思えるまでは。

それから、このブログの「箱」。
このブログは、独自ドメインを取ってwordpressで始めました。
会社のHP更新の仕事をやっているとき、こういうシステムがあるのを知り、このマスミンブログもそれで始めるつもりでした。しかしウェブデザイナーではないから自分が満足できるデザインにwordpressを自在にカスタマイズできるほどまでの技術は、私にはありません。
そこで、色々探してwordpressの有料テンプレートを購入するに至ったわけですが、シンプルなデザインであること、独自性もあって使いやすいことが気に入り、現在、更新のモチベーションになっていることは間違いなしです。

どちらかと言うと「形から入る」タイプの人間である(=私)ことも言い添えておきますが、気に入った道具はモチベーションを上げ、持続と上達には必須だと思う次第です。

思えば、15年間世話になったカセレスギターだって、我が同志、という感じで付き合ってきたものでした。

img_7952

新品の2000年マヌエル・カセレスで初めて演奏したときの写真

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください