toggle
2018-10-12

トゥレガーノ(山唄)

フェデリコ・モレノ・トローバがスペインに残る14の古城をそれぞれテーマに作曲した 組曲スペインの城 より、「トゥレガーノ」(山唄、という副題がついてます)。

明後日の松山文人さん追悼のコンサートで私が弾く曲です。

00A22F00-F648-4F64-BB34-77903C4396D6

トゥレガーノ城、GoogleMapより

あとは本番でコケなければいいかなくらいにはなんとか。
とりわけうまくいったからというわけでもないし雑音もありますが、これにて録音練習終了ということでアップ。

曲想やテンポ感から、もう一曲弾く予定の有名な「トリーハ(悲歌)」よりはこちらの方が弾いていて楽しく好きなんですが、ゆったり系(にがてなんです)のトリーハも、はじめは上手い人の演奏を参考にするのから始めて、録音チェック練習を繰り返すうちにようやく自分がしっくりくる歌い回しになってきたように思います。

故人の生前の愛奏曲ということで選曲しましたが、短い期間結構楽しく練習してました。

…とはいえ録音聞き直していたら、まだ修正したくなってきた。今夜も練習続いてます。。

201810memorial

10/14 メモリアルコンサート

 


関連記事

コメント2件

  • のら より:

    これはセゴビア編ですか?
    セゴビア編の楽譜なら9小節目のrtdや10~11小節目のスラーはありません。
    インテンポ(54小節目位)で譜面通りのアーティキュレーションで弾けば歌える音も出てきて表現も広がると思いますよ。

    • masuminn より:

      のらさん、コメントありがとうございます。
      このとき手元にあるモレノ・トローバ曲集、2つの版を参考にしましたが、セゴビア編は見てないです。
      より良い演奏が出来るように頑張ります、ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください