toggle
2019-01-25

久米島

久米島に潜りに行ってきました。

まだ行ったことのない島で、初心者の夫も無理なく潜れる海。という事で。

あとで知ったことですが、最近温暖化の影響か、新しいマンタスポットとしてダイビング雑誌でもよく特集されているようです。

E28DFA12-6853-4215-9DB7-2D03A7387835

ひょっとしたら、初めてマンタが見られるかも⁈ でもそれより、どんなところか見てみたい。

:::::::::::::::::::::::::::::

那覇からは30分と近い。プロペラ機です。宮古島へはもうちょっと大きい飛行機だったけどなー。

FA2D45BB-1DEB-4A74-B427-1A8077D742E2

着いてみると、どんよりした天候のせいもあってか、歩いている人の姿もあまりなく、ひなびた印象。

やっぱり宮古は市街地があって冬も観光客が大勢いて、呑み屋さんに入ればほぼ予約の有無を聞かれる。人気の島だったんだな〜。

でも島は大小あり、賑わっているのもひなびているのもそれぞれに違う雰囲気を感じることが楽しいのだ。

メインストリートを散策し、ビーチに寄ったりしながら、これまで上陸したことのある何処の島とも違うと感じつつ、

6965D676-EBE8-4138-80D9-FFA40A1CAAA3

まだ暮れ切らないうちから煌々と看板が光っていた居酒屋さんに入ってみました。

オリオン生。

DDAD72EB-700D-448B-9571-553ACCAAAF66

お宿のご主人にも言われましたが、何処に入っても、不味い、失敗した、という店は一軒もないと。それは、久米島特産の車海老が来る前に、このサラダで既にレベルの高さがうかがい知れたのでした。

C45AD596-5751-4F93-BFB1-CE6A1CF60D19

島の地酒(泡盛)、美ら蛍

毎晩違うお店に入ってみて最終日まで裏切られることはありませんでした。

翌日からの初久米島ダイビングに気分を高揚させていた、しあわせな到着日でした。翌日から試練が待っているとも知らず。

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください