toggle
2019-05-10

今日、神保町で

発表会を1ヶ月後に控えた今日のレッスン、

ある生徒さんにはずいぶん良くなったよね、というと、この半年悪戦苦闘してました、と。

・・そうか与えた課題は正解だったか。とひそかにほくそ笑む私。

またある生徒さんは順調にトレモロを習得したかに見えたがこの連休前、右手に痛みがあると言い、導き方が間違ったかと正直青くなった。今、指を壊したら最悪…

でもそれとは違っていたらしくちょっと安心。それでもあと1ヶ月は、がしがし弾くよりはゆっくり且つ強化目的の別の練習メニューを。これでより上手くいってくれるといいんだけど…。

ところでギター教室の2軒隣にケーキ屋さんがありまして、数年ぶりに入ってみました。

もともとスイーツは酒飲みであるがゆえ普段自分で買うことはないのですが、お土産目的で。調べたらネットではかなり高評価。

以前買った時の印象が薄く、それから何年ものあいだ素通りしてきたのですがその、スタイリッシュでお洒落な店内にはいると。

・・親切で自然で無駄のない女将の接客が、素ん晴らしいんです。

気持ちよく送り出され…うーん、サービス業って凄い。

東京には高級をウリにしている店も沢山あるけれど、ここは都会とはいえ裏通りの目立たないパティスリー。でも、自分ところの商品を愛し、自信がなければこうは出来ないだろうという接客。なんかこの姿勢、勉強させられた(私自身はサービス業ともまた違うんだけど)。

 

8D378FCB-3990-4AEA-9C35-1E5D465E53F0

十連休というのに実家に連絡もしないでいたら、父から連絡が。母の日兼ねて、で丁度いいや。ランチとデザート持って明日行きますよー、という事でした。

 


関連記事

コメント2件

  • Miou Kitamura より:

    さすがにプロ意識。と、やはり、教えるからには順調に上達してほしいよね。
    飛躍するが、やはり私は、大人の方が子供より上達は早いと思っている。理解してくれるもの。子供はまだ経験も浅いし、脳細胞が発達していないからさ、単純なことでもすぐには覚えなかったり。これは日本語と柔道を教える上で感じることだけど。まあ、子供と言っても、八歳くらいからは考えて理解するようになるが(長女を見ていて。トロい、いや、のんびりした子だが)。

    真澄ちゃんのブログも飛躍するけどね。はは。接客業とは、やはり持って生まれた才能ではないかな。ただ、慣れで成長することもできるらしい。もともと持っていた物が開花するのかどうかまでは分からないが。

    一年に一度の親に顔見せ孝行。お菓子を喜んでくれたかな。

    • masuminn より:

      一番心を砕くのは、どういう風に言ったらその人に届くかな、というところかな。順調な人は、その辺りがラク。
      私は子どもを教えた事はほとんどないので想像だけど未央ちゃんのいうとおりだと思う。たまに天才のように出来ちゃう子もいるけどあれは私のような者から見れば天然で、本人が自覚して努力しているのとはちょっと違う(むしろ親御さんが力を入れている)ので例外。
      のんびりした子、それはそれでいいと思うけどな。考えるようになってきたか。
      接客も才能が関係あると思う。グッときたあのひと、元一流ホテルウーマンだったりして。
      私も才能無いけど慣れで成長していきたい(笑)
      親はさすがに年もあってそれなりだけど、もうちょっと持ってくれ。と願う。病気持ちだけど、持って行ったタルトと弁当はペロリでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA