toggle
2019-05-30

楽譜もスマホで持ち歩き♪

レッスン合間の空き時間がある時は、絶好の練習時間。家と違って誘惑がなく(ちょっとお茶休憩とか、猫を探しては、構いたくなったり)、小さなレッスン室で集中できるので。

ただ面倒なのが、本を持っていかなければならず荷物になる(暗譜ができていない場合)。かといってコピーで紙を増やすのは避けたい。

うちにはスキャナーがありません。どうしても必要なときはコンビニで 1枚30円でスキャンしていましたが・・

ある時スマホの新着アプリの所をなんとなくスクロールしてみたら、文書をスキャンしてPDF保存できるアプリ(無料)が下の方から現れ ↓↓

F9617BCD-96BA-4C7C-B58E-4CC516A5A1B1

今さらかもしれませんが、私には大発見。

歪み補正もできるとあり、これは。とさっそく取り入れて、楽譜を写真を撮る要領でスキャン。

そしてパパッと補正 ↓↓

DFFE248B-77DA-4F8F-8E8B-525BBCD7F2B7

多少の五線の歪みは残ってもここまで手軽にきれいに直せて、写真のように陰影が付くことも無く、しかも写真と大きく違うのは、文字を認識してファイルの検索も可能ということ。

もう少し早く知りたかったー。

いや、タブレットを譜面にして演奏している人がいるのはずいぶん前から知ってましたが、自分はその必要性に迫られていないので、こういった情報に注意していなかったです。

さっそくその日は小さなバッグだけで仕事に出かけ、おおまかには暗譜していたので部分的な確認程度を。小さなスマホ画面でも十分でした。

エチュード集なんかもここにいれて旅先でもいつでも確認できるようにしておけば楽譜がかさばらなくて済みます。嬉しい😊😊😊

 


関連記事

コメント2件

  • Miou Kitamura より:

    そうそう。必需品を如何に小型化するか。現代のテクノロジーは、そのへんが本当にすごいと思う。昔のものは頑丈だが。そのあたりのバランスをとって物を造ってくれれば良いのに。

    • masuminn より:

      頑丈なのも好きだけど、テクノロジーが進んで持ち物が少なくなるのが快感。
      昔はカメラ首にひっさげて手に地図とガイドブック持ってっていうのが海外での街歩きだったのに、スマホ一つで済むというこの変化スピード。本当にすごいよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください