toggle
2019-06-30

不機嫌な昼下がり

久しぶりにレッスンが空いた土曜日でした。自転車でお気に入りのピッツァ屋さんに行きたかったのですが、雨。

梅雨だからとわかっていても、仕事が休みだとなーんにもやる気が出ないような、じめじめっとしたお昼どき、

オイラも。

オイラもやる気なし。

夫が、スーパーで何か買って来ようか?と、いや私が食べたかったのは釜で焼いたナポリピッツァ。そこいらのピザで代用、というわけにいかんのだ。

というわけで仕方なく家にある材料でパスタを作り、ヤケ気味に開けたワイン片手に7月の計画。

スケジュール帳には、ぽっとレッスンがない週が偶然出来上がっていてしかも夫の出張と重なっている。

一人で近場に潜りに行こうかなあ、日帰りで。しかし、、、

最近、車の運転が怖いと思ってしまう私。度重なる煽りや暴走の事件事故の報道の影響です。

こんな事心配していたら誰も運転できないでしょうけれど。

乗り物の運転は大好きで、昔は免許取り立てでも一人で遠出したものでした。何処へも自力で行ける、という興味が当時は何にも優っていたんですね。若さ、ですねー…。

 

496EA754-C40B-4211-97E5-D07A8048A0C2

20代、自動二輪車は旅の足でした。

今は、自分に何かあったら家族が、猫が、、と考えてしまう。

とはいえ不要な恐怖心で人生の楽しみを狭めるのはばからしい。怠りなく準備して行くでしょう、きっと。夫に許可を求め、天気に端を発するピッツァにありつけなかった私の不機嫌は、とりあえず解消されたのでした。

 


関連記事

コメント2件

  • Miou Kitamura より:

    要するに、順序立てて考えているうちに、大した原因でもないのに滅入っていた気持ちが落ち着いてきたんだね。私にもそういうことがよくあるなあ。

    バイクの話は珍しいね。Cousinが乗る人だから、私もなんとなく道で目がいくようになって(決して自分が乗りたいとは思わない)、無事に抜かしてくれよーとか考えている。
    守るべきものがあると、刹那的な生き方はできなくなるね。

    • masuminn より:

      滅入る原因はまだ序の口だった。このとき以来、記録的という、日照のない日々が延々続いているよ。楽しいことを考えるのがいいみたい。スッキリ味の白ワイン1杯飲めばだいたい気持ちは晴れるけどね。
      あ、クザン君の新しい情報。バイクに乗る人か。後ろに乗ったり、端から見ていると心配になるんだけど、ハンドル握っている本人は至って平気だしむしろ楽しんでるのだよね、車もそうだけどある程度自信持たないと却って危ない。
      不運がないことを願うのみ。
      うん。刹那的→保守的になるね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA