toggle
2020-06-22

しんみり父の日

父から連絡があり、お正月以来の実家へ。ちょうど父の日でもあり県外移動も解禁になったし。。でも話ってなんだろう、とちょっと気重で向かう私。

渡されたのは、父の持ち物。コーヒーメーカー、戦没した祖父の形見の尺八、父の現役時代のトロンボーンのマウスピース、それから私も初めて見る父の少年時代の絵日記。

・・その絵日記がもう味がありすぎて、、

173BB84C-7530-4245-9FCF-8A8A780442DC

中学一年ということは終戦数年後・・

佐賀の田んぼ広がる筑紫平野での、男ばかり5人兄弟の末っ子だった父の夏休みが綴られていました。

F177CF7B-C2AD-4DE6-A33E-95B3C104EC25

私も子供の頃に行ったことがあるので、田舎の雰囲気を懐かしく思い出しました。

FA0F6D17-071E-4993-8B4C-9128DBEDF68A

野球したり泳いだり、元気な田舎の子らしく夏休みを満喫しているのが伝わってきて(ちょっと涙)。

C3DEA5A6-9AB5-41A0-9107-ABB4DE32CAC0

やっと夏休み終盤になって宿題の工作を始めるとか、如何にも。でも手先が器用な父は2日で飛行機を作り上げたようです。さっそく友達と飛ばして遊んじゃってるけど壊れなかったのかな。

夏休みの期間一日も欠かさず絵日記は付けられていて、最終日は新学期の勉強への意欲で締められていました。父の、きらめきに満ち溢れていた時代を感じます。

今、私にこれらの物を託されたことに一抹の寂しさを覚えずにはいられませんが、まあ父は貧乏だったけど幸せだったよな…と思います。でもまだもうちょっと元気でいてほしい。

それにしても、江戸時代のものだという尺八を、どうしたものか。まずは鑑定か…。トロンボーンのマウスピースはペーパーウエイトだな。

 

 


関連記事

コメント2件

  • Miou Kitamura より:

    すごい、宝物だね。素晴らしい絵日記だ。

    私は父の少年時代を知らない。語ろうと思うことがないらしい。でも日記はつけているのだな。娘(三人)に託そうなんて考えているのかしら。うちの父も田舎育ち。

    私の日記は、赤裸々な部分があるので、娘二人に(私の死後)読ませたくもあり読ませたくなくもあり。ただ、自分の幼年時代(彼女ら二人の赤ん坊時代も)については、なるべく話すように努めている。その都度伝えておかなくては、後悔先に立たずだからさ。

    • masuminn より:

      どのくらい赤裸々なのかわからんが(日記は私もいっとき書いていたけれどせいぜいこのブログ程度、つまり他人に見られてもいい範囲の記録だったと思う)、娘としては、母の生き様は知りたいだろう。

      よく10~20代の娘にあるように父親を嫌っていた私は、この絵日記のおかげで晩年の父をよかったねと思ってあげることができた。この絵日記で十分でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください