toggle
2020-11-04

GoToダイビング@読谷

1年ぶりのダイビング!

B56458C7-A5F7-4169-9948-2A33AAB14DA1

機体が那覇に近づいた時は、初めて沖縄に来た時のように嬉しかったです。

今回は1人ぶん20kg強ある機材も宅配便で送らず(高いので)、羽田までは自家用車で、那覇からはレンタカーでと、自力で運びました。

037E7017-0CB4-46A6-BEE9-DB7CE1FDDA75

昔バイクで本島一周したこともある懐かしの海沿い、国道58号を北上。

美ら海水族館を訪れた後、ホテルのある読谷村(よみたんそん)へ。

いつもは離島ですが、今回は色々な要因が重なり沖縄本島にて初ダイビングすることになりました。

以下(海中の写真はお世話になったガイドさんによるもの)、印象的な風景を一部。

3D381544-9E12-4FE4-8E74-94202ECE7CD2

万座漁港

海況は予定していた3日間かけて段々と良くなっていき、テンションも上がっていきます。

0C4DADDC-F232-4103-8C78-F460DA396719

出港

DB4A89E2-03E8-4DA2-8F84-F9A695AAFD04

見たことのないような凪いだ海。船上から、珊瑚礁や海底までもが見えます。

 

2FAECEE0-9385-4213-BC56-09AF3107E9FD

潜行

 

A1B3ECA8-1A7E-40B3-97E4-036A234E4288

下からは海面を通して船の白い屋根が見えています。

 

2040191D-00EF-49BB-AD1B-3D8BDE52CAE8

ここの洞窟に潜ります!ワクワク。

 

EED7F512-139D-42E9-A1E2-0CFDE76E1858

洞窟の下から見上げる

 

62AAAA68-611A-4F29-8AC9-4E48E9125B85

 

C994441F-1ACB-4F8E-90E0-FE0F0FDA52F9

カメと

 

1458AA08-36A5-4626-BCBC-D121A05789C6

本島でこんなにも地形が楽しめるとは。

そしてお昼ごはんと、

61853389-6DFD-4726-A1BF-77DDF4F48002

昼寝〜♪

6953A154-0AF9-4FC6-937C-EA46E55D4A2F

 

夜は街の飲み屋さんで食事をした後、ホテルに戻ると、

D31657B0-A100-4FB7-8DDC-A5A99360C79A

何かの催しがあったようで花火が数発、打ち上がりました。

42D07938-4DE0-4729-A90E-18CBBA71AB28

この旅は実は、4月に予定していた結婚十周年記念ダイブをそのままスライドしてきたので、勝手にそのサプライズということに、しました^^

天気、海況(風、波、流れがない、透明度が高い等)ともに良いという事はほんとうに稀です。が、3日日はこれまでのベストとも言えるダイビングでした。

 

帰りの空港ではお決まりの、沖縄そばで締め。もちろんオリオンビールも飲み納めしましたよ。

38610BAD-535D-4F83-8A0A-4817951E09E2

今回得た情報で、次に行ってみたい海も固まって来ました。

 

 

 


関連記事

コメント2件

  • Miou Kitamura より:

    乙姫様がどこぞにいそうだ(亀もいたね)。水から上がってくると、何だか夢から戻ってきたような気分になるのかしら。
    水から上がったら、今度はサプライズ花火。いい旅だったねえ。

    • masuminn より:

      乙姫様が采配を振るってくれたのかもしれないね。竜宮城効果か、ちょっとだけロスになっている。
      GoToキャンペーン分が引かれていつもの代金になってるようなところがあって、お得感は全くないけれど。でもそんな現実問題置いておいても、行けるだけ有り難かったよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください