toggle
2022-09-19

2年ぶりのダイビング

2年ぶりのスキューバダイビングは、3年ぶりの佐渡島にて。

2年ぶりともなると、ちゃんと手順通り潜れるか緊張。

ポイントに着いてボートからバックロールでザブンして、BCと肺の空気を抜いていって水面下に完全に全身浸かった瞬間、うわ、気持ちいいーーー!と、緊張を忘れ身体が脱力、すぐに感覚が戻ってきたのでした。水面近くの水温は30℃、快適!

DC3F83FD-C126-47DA-8D1D-4BEE49565C4A

水中も26℃。あったか、快適〜

私は一度、宮古島でカメラを水没させて以来、水中カメラを持つのをやめ、視野を広く、生の視界を楽しむことに徹しています。

 

CFBB8B57-DA3E-41C2-A55B-87DE5312621C

 

海中で浮遊し回遊し、そこにいる魚たちと同じようにいるのが、私にとって大好きで最高な瞬間です。

 

43D7188A-1C01-4A47-9016-1EE3AFEF17FB

コブダイ君と見つめ合う?オット

ガイドさんが撮った水中写真を、陸地に上がればすぐに AirDrop でiPhoneに送ってもらえる。進化。ますます私にはカメラは要らない。

たぶんどこの海でも私は楽しく幸せなのですが、体力・泳力と、経験本数が必要とされる、憧れの海域に行きたい。そこはハンマーヘッドシャークと海底遺跡の与那国島。ダイビングを始めた当初からの20年来の夢。

 

5BE829FB-B81B-4941-A032-128510D3FE90

島を離れる時はどこの島でも感慨深い。新潟港へ向かう夕方便の佐渡フェリーから

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください