toggle
2016-01-16

温泉猫

そろそろリサイタルの宣伝活動も始まります。
私にとっては滅多に機会のない大きなホールでの演奏会ですので、古くからの友人やお世話になった方など久しぶりにお声をかけさせていただく予定です。もしDMを受け取ってこのブログを読んでくれている方がいらっしゃったら嬉しいのですが。。

ところで私の家では2年半前から猫を飼い始め、名をルイと言います。
伊勢神宮の近くで生み落とされたノラの子を引き取りに行ったのですが、神宮に祀られているアマテラスオオミカミ=「天照」にかこつけて、照らす=太陽、太陽王ルイ14世から取りました。

快適な場所を見つけることには猫は長けていると言いますが、ルイは今日また新しく自分の寝床を開拓しました。
自分で引き出しを開け、寝そべったまま外出から戻った私を見、「どうだ、いいだろう。」と言わんばかりです。

image

実はこの下には暖房機があり、いわば床暖房の上で寝ているような暖かさなのです。
まるで、温泉に浸かっているかの様に気持ち良さげです。
(本来猫は身体が水に濡れるのを嫌うので、お猿さんのように温泉に浸かることはないのですけれど。)

こんな好き勝手にし放題の猫の寝姿を隣で眺めながらお酒を飲むのは最高です。

ギター、猫、お酒。
どれも私にとってこの先長く付き合っていきたいものです。

2016.1.16(土)佐藤 真澄


タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA