toggle
2017-05-08

ギターの宴

5月の風が心地よく吹きぬけるGW最終日。
この方ほど深く、クラシックギターとギター音楽とを心から愛してやまない人はそういないと私が思う、 ギター愛、Tさんのかねてからのリクエストにより、我が家でギターの宴を催しました。

幸運にも、Tさんの先生でもある山田大輔さんも休みが合い来てくれることに。これは盛り上がるぞー。と、普段料理をサボっている私もスイッチが入って2~3日前から仕込みを始めました。鰻と牛蒡の炊き込みご飯、豚角煮玉子入り、生春巻、ささみハムチーズロールフライ、ナス味噌煮、ラザニアを作り、そこへゲストの持ち込みの品が加わって華やかなテーブルになりました。

お酒も入ったところでゲスト全員かわるがわるギター演奏を披露。

大輔さんが「アルハンブラの思い出」を美しいトレモロで弾き始めると、ロフトで寝ていた猫のルイが「にゃんだにゃんだ?」とばかりに降りてきて聴衆の足元に顔を出してきたのには、ニヤニヤ。大輔さんも弾きながら気づいたようでニヤニヤ。

IMG_9288

さて、山田大輔さんの素晴らしいアレンジをぜひお聴き下さい↓
桑田圭祐作曲「花咲く旅路」、ギター二重奏初公開に弾かせてもらう栄誉にあずかりました。


二重奏たのし~!

IMG_9291
ソロリサイタルもする実力の持ち主、Tさんの弾く「ミシオネーラ」(アルゼンチン音楽)はスピードに乗って場を盛り上げます。

最後は大輔さんにポップス系やカッコいい自作曲を弾いてもらって(弾かせて?)大盛り上がり。

私は「今日は弾くモードじゃなくて~」なんて言ってましたが、言い訳ですネ…
こういう場でパッと弾けるって、やっぱり底力がちがうなと、思ったのでした。
ちょっと、羨ましいです。

あっという間に夜も更けて・・・最高に贅沢な宴でした!


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA