toggle
2016-04-27

猫はどこまで人の言葉がわかるのか

私がギターを練習していると、我が家の猫ルイは、閉まっている引き戸を開けて部屋に入ってきます。

こうしてギターケースの中で大人しく寝ていてくれればいいのですが、

こうしてギターケースの中で大人しく寝ていてくれればいいのですが、

かまってほしい時、脇にある小テーブルに乗ってきて弾いている私の右腕をちょんちょんと叩きます。

弾き続けながら振り向くと、真っ直ぐ目を見て、にゃーと鳴きます。
無視して弾いていると今度は、ニャオーン!とカタカナ通りにハッキリと鳴きます(アクセント後半)。
それでも無視していると、今度は両膝に乗ろうと前脚をさらに伸ばしてくるルイ。

「にゃんですかー!」ギターをガリっとやられては困るので仕方なくギターを置くと私の膝に乗ってきて、ゴロン。

ギター抱えてないでボクのこと抱っこしてよ!
という主張だったのですね。

あとルイは、ご飯を食べると少ーし残してお外(ベランダ)へ遊びにいくのが習慣なのですが、ある時戻ってきてすぐに猫ベッドに寝に行こうとするので(猫の1日は食う寝る遊ぶ)
「ご飯残ってるの、あれいつ食べるの。あとで食べるの?」
と言うとちらと一瞬考えて、のこのこ ご飯場へ行き平らげるのです。

こんな時、猫はどこまで人の言葉が分かっているのかな、と知りたくなります。

練習中、息抜きのようにブログ更新をしている、佐藤でした。


タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA