toggle
2016-02-14

イーストエンド国際ギターフェスティバル②パブロ マルケス リサイタル

聴いてきました、5列目中央の良い席。IMG_7459
奏者が立った時ちょうど目が合うくらいの目線の高さで!

聴くのは2度目のアルゼンチン出身のギタリスト。
何でも弾ける人ですね。西洋音楽つまりバッハやクラシックギターの古典曲はもちろん素晴らしいのですが、やはり自身のルーツの音楽(アルゼンチンサンバ、フォルクローレ、)が強みだと思いました。

アンコールでの小品(4曲も!)までも含めて聴衆を惹きつけるプログラム構成。
圧巻は、アンコール最後のスペイン語のヴォーカル入りのフォルクローレ。
そのギターの音色から、歌詞の意味はわからなくても、とても悲しい曲なのだろうということがわかります。
なんとその切ない、優しいギターの音色だったこと。 第一部(前半)にはなかった音でした。 ただ素晴らしかったです。

先日、福岡に住む友人がパブロ・マルケスの公演を聴いたそうで、ギター弾けるっていいね〜〜、と私にメールをくれました。
ホントは、あんな風に弾ければいいのだけどね〜… 世界にも、ああまで弾けるヒト、なかなかいません!(と思います)

感動は熱いうちにと書きました。

外は、春の嵐が吹き荒れている様です。

 

2月13日(土) 佐藤 真澄


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください