toggle
2020-02-17

リスク比較、マスク、計測

スマートウォッチ、まだ飽きません〜。

先の見えない新型コロナがいよいよこんなことになって、我が家のマスク在庫が乏しいこともあり、電車を避けたい。天気が良いのに後押しされ久しぶりに仕事に自転車(クロスバイク)で出掛けることにしました。

スマートウォッチのワークアウトモードでサイクリングを選んだらどうなるのか、試してみたかったし。

そうしたら、ここまで計測してくれることがわかりました。

2A309701-B899-441D-8C50-DDCD8E5356B3

仕事後、うまいこと駐輪場近くの神保町交差点のドラッグストアでマスクを店頭に並べているタイミングにあう。

通りかかった人たちが次々買って行く列に自分も加わり、入手。50枚入りひと箱約500円。これにより今後とりあえず夜間に長距離自転車漕ぐリスクは避け、マスクして電車に乗ろうと思う。

スイミングモードも試してみました。自動で泳法を判断しここまで測ってくれます。

2F735695-B54D-499C-B0D3-040BAA2B93F6

50mほど実際より距離多めに計測されてますが、1000mを25分で泳げていることは確か(たぶん)。他データはよくわからないです。

 

614F6D32-CC29-452E-8B6F-D428DF34DE3C

これは筋トレ時のデータ。負荷がかかっている時は心拍数からインテンシブと判断されるのだろうか。

すごいなー!面白い。いつまで自分はこういうデバイスの進歩についていけるのだろう、という疑問もなくはないけれど。

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください