toggle
2017-10-16

松山文人さん

_DSC3825

photo by M. Fukuda

松山文人さんが14日、難病(急性骨髄性白血病)で53才の若さで急逝されました。

そのたった2週間前には、私のジョイントコンサートに仕事後に駆けつけてくれたというのに。

 

松山さんは私が新米講師としてスタートした時、体験レッスンを見学させてくれるなど大変お世話になってきた方。

どこか小さな会場でコンサートするつもりで共演をお願いしたら、思いがけず松山門下の協力を得て大がかりなすみだトリフォニーホールでのジョイントリサイタル(2016)となって、私には大きな転機でした。

今使用のギターとめぐり逢ったのも松山さんの音を聴いたおかげ。

私のギター人生における恩人の一人であります。

1年近くの準備期間中、度重なる練習やリハで一緒に一つの目標に向かい、先輩ではありますが仲間感覚となっていき。

そんな本番を目前に控えたある日の練習後、松山さんが「ぼくの聖地」と称するカラオケ居酒屋に連れて行ってもらい、歌声を聞いて私は、その歌、アンコールで弾き語りしてください、と半ば強引に決行。ご自身は最後まで、クラシックのコンサートなのにやってもいいものかという迷いがあったようですが、伸びやかな声をホールいっぱいに響かせ、歌い終わって幸せそうだった、松山さん。

コンサートが終わってしばらくして、呑み屋のカウンターで「あのね、いつか東京文化会館で弾きたいって(スタッフに)言ってあるの。だから、それぞれそれまで頑張って、その時はまた一緒に」と言って下さったことが、思い出されます。。

 

息を引き取る日の前の夕、ICUでの面会が叶い「発表会と好文画廊。年内はちょっと演奏できそうにないので、お願いします」との言葉・・・遺言となってしまいました。

 

今週末に迫った発表会。松山さんがアンコールで弾き語りし私が伴奏した、さだまさしの《驛舎》を講師演奏で弾こうかと思ったけれど。

あのメロディー、いや前奏を思い出すだけで、まざまざと あの5月の風が吹くような感覚までもが蘇ってきて とてもまともに弾けそうにありません。

追悼の機会などあればその時にしましょう。

ご冥福をお祈りします。

 

追記:

松山さんは妖精のような人だな…

と、ふと思うことが度々ありました。なんでそう思ったのか、ちょっと思い出し難いのですが。

2018.1.20

松山さんのコンサートでのアンコール弾き語り動画を公開しました。⇨ こちら

 


関連記事

コメント2件

  • みおう より:

    アンコールで弾き語りしてください、と強引に説得した真澄ちゃんの姿が目に浮かびます。
    心底信頼出来る師匠なり先輩なりを持つことは、人生で一番素晴らしいことの一つだと思うけれど、あとを任せられる弟子なり後輩なりがいることは、ひょっとしたら、さらに大きな幸せなのかも知れない。

    松山さんは後顧の憂なしに安らかだと思うよ。私は。

    • masuminn より:

      松山さんは静かな方で。
      弾き語りをやりましょうと言った翌日だったかに、さっそく譜面が送られてきて、「なんだかんだやる気になってるフーミン」と自分でメールに書き添えていたのを思い出しちゃった。
      (ふみひとだからフーミン←これは私が勝手に付けた)

      面白かったんで、そのメール多分まだとってあるけど。

      そうだね、松山さんはお弟子さん達に支えられていたね。お別れの式に集まった顔触れを見ても、幸せだったんじゃないかと思う。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA